展示品解説 展示品解説 < 協和会手帳と外国人登録証
展示品解説
お札に表れた侵略性
祖母の手作りミョンベ
生活必需品のヨガン
思い出のソクパジ
本名消された通信簿
東京大空襲の罹災証明書
旅行カバン
手作り太極旗
大阪府朝鮮人登録証
防犯ポスター
協和会手帳と外国人登録証
60年前の建国学校
阪神教育闘争
在日コリアンとパチンコ業
1960年代のバタヤ部落
金文善さんの血書
ブラウン島玉砕者名簿と自由韓人報
戦犯刑務所で使われたタオル
傷痍軍人
崔承喜と孫基禎
映画「君と僕」
幸せ運ぶコッカマ(花輿)
朝鮮トラ

協和会手帳と外国人登録証

協和会は朝鮮人に創氏改名、神社参拝、勤労奉仕などを強制する機関だった。
李寛得(金村清吉)氏の協和会手帳(1940年発行)の冒頭には「君が代」と「皇国臣民の誓詞」が摺りこまれ、備考欄には神社参拝、勤労奉仕、国防献金の回数など国家への「忠誠」の日常が記録されていた。
それから5年が経った1945年8月、李さんは手帳の呪縛から解放された。しかしその2年後のある日突然、外国人登録証の携帯が義務化され、さらにその5年後には指紋押捺まで強要された。
李寛得さんのこの二つの証明書の間に何が見られるのか、国家の都合によって同化強要から排外、監視の対象となる、在日同胞の人権無視の実態が浮かびあがる。